FC2ブログ

椿

 

 

DSC_0639

 

茶の湯で最も重宝され愛でられる椿

初嵐

早い所では温暖化のせいか10月には咲き始めます

茶室には蕾の

今当に綻びかけの形が好まれます

 

10月に咲いても実際使うのは炉開きになってから・・・・

椿は炉の花なのです

 

藪椿 侘助は花が小さいので少し開き気味でも使えます

 

あ・・・長い事キーボード触ってなかったので

指がまめりません(笑)

 

土曜日はわが家の初釜

料理・・・・

花・・・

道具・・・・

その他諸々

出す道具が多すぎる!

 

皆様楽しみにして下さってますので

頑張りまっす!

スポンサーサイト

2019年

 

 

2019年

あけましておめでとうございます

 

長々とご無沙汰をしました

 

あっこさんに久しぶりにメールしました

 

随分とご心配かけてたようで

七重の膝を八重に折ってお詫びいたします

 

で・・・お詫びの印と言っては何ですが

 

りく

ママちゃん

みぃちゃん

DSC_0612

 

 

猫家族増えました

ママちゃんは三毛の・・・・・

陸はほぼ白毛で所々クロキジです

話せばとっても長くなるので止めます

「この子にご飯を・・・・」

と、言いたげに連れてきました

ママちゃんとは顔見知りでした

一か月ほどの子猫と

子猫がママちゃんになった風情を捨ててはおけず

猫神様を恨みつつ

ポイっとケージの中へ^^

 

正月

 

甥っ子達が年始に来るので心ばかりのもてなしです

昔ながらの料理に洋風取り混ぜて

 

皆様にとって良い年でありますように

宜しくお付き合いくださいませ

紫陽花の季節

 

 

確かに・・梅雨入りしたと聞いたのだけれど

 

降りません(笑)

 

DSC_0613

 

庭の紫陽花を切って竹の花入れへ

茶道では花の格に合わせて花入れ 薄板(花台)も変わります

格と言うのは入れる人の思いも入りますので

必ずしも同じではありません

でも多分・・・牡丹は青磁か白磁

もしくは唐銅

それほど高貴な花と言う事ですね

 

 

DSC_0616

 

昔食堂でこんなの見た事ありませんか?

珍しく懐かしい^^

でも なんで京都おみくじなんでしょう

そして・・・100円!

引いた人いましたよ(笑)

 

DSC_0617

 

さて・・・ちりめん山椒作りましょう

軸を取っていたら

祖母が「つまえる」と言って居た事を思い出して

グーグル先生に尋ねましたら

どうやら四国徳島の方言で片づけるという意味らしい

祖母的には・・・料理前の下ごしらえ前の段階

すじを取ったりするときに使ってた

でも 祖母は生粋の筑豊っ子

妹が一人徳島に嫁いでいたのでその影響かな?

これの三倍つまえました

美味しく出来ると良いのだけど

沙羅双樹

 

 

ご無沙汰しました

 

庭つくりと

茶室屋の道具部屋の整理整頓構想

隙間時間縫って仕事

 

おまけはキッチどんの換毛期ブラッシング

柴犬の換毛は半端ないほど沢山です

 

IMG_20180531_164615_709

 

平家物語の冒頭部分の

沙羅の木

夏椿です

一日花で 苔の上に落ちた花は

落ちてなお楽しませてくれます

が・・・・

わが家はまだ若木 切るところも悩みますが

お勉強会の為に一輪入れました

 

早 六月です

こちらは梅雨入りしました

ちっと早いかなぁ~

稽古の心

 

 

真夜中です(笑)

何やってんだか!

日付が代わりましたので・・・

今日は甥っ子②の結婚式です

雨が降るらしいが・・・大降りは止めて欲しいなぁ

 

ホタルブクロ2種

 

DSC_0488

 

DSC_0479

 

ホタルブクロの銘々由来

此花の中に蛍を入れたらしい

ボゥと光ってさぞ綺麗だろうね~

蛍そういえば・・・あと1週間もすれば出る!

 

母子草

郵便局の植え込みに・・・

所で父子草って言うのもあります

もうね~地味!

 

DSC_0485

 

DSC_0477

 

萩焼の水指

大野瑞峯さん

琵琶色が何とも言えません

茶道具のリサイクルショップのような道具屋さんで

とてもお安く買えました

そうでなければとてもとても私が普通に

買える様な品ではありません

 

ここはね・・・懐紙、袱紗、諸々

他所の茶道屋さんより安いのですが

店主さんがお喋りが過ぎるので要注意

乘って人様の事をお喋りするととんでもない事なりそう・・

師は何か所か稽古場をお持ちで

この茶道具屋さんで馬鹿者どもが師の事を愚痴っている

「風さんはどうなの?」

私?ですか

私は合わせます!

弟子とは師事してる限りそんなものです

それに・・・このあたりで師を超える方にそうそう出会えません

 

全く!・・・嫌なら辞めたらいい

仲間同士なら兎も角他所で愚痴るなんて以ての外である

 

そして・・・もっとも今私を悩ましているのが・・

一緒に御稽古をしている人!

脳内出血をおこして目下リハビリ中

「暫くお稽古出来そうもないから休む」

で・・・その間の御月謝は払わない

へ!

私一人に二人分賄えと仰るのか!

それは出来ない!

必然と私も休み?

え・・・無責任じゃないの

 

茶道しか知らないので・・・

休んでも月謝を支払うのは当然なのである

世の中が変わってきているので半額とか

稽古場によっても違っては来ているが・・・

私たちのような場合の稽古場は

遠くから新幹線を使って泊まりで来ていただく場合

絶対にお支払しなければいけないものである

金額に変更はあり得ない

まして

「絶対復帰します!」

はぁ~!それこそ止めなさいよ

中途半端な!

茶道経験年数を自慢する前に

もっと身に着けるものがあったでしょう

さて・・・電話でこのまま師と先の見えないお別れも又悶々とするので・・

何か策を練らなくては・・・

SD関連サイト
虹色こんぺいとう
SDのお洋服・着物を作ってます。
カレンダー
12 | 2019-01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
その他