茶道について考える

いつもコメントくださる悠悠様の仰る茶道のお持て成し 感謝について考えてみようと思います

お稽古をするために用意する物

灰 灰は何度か水につけて小石など不純物を取り除き乳鉢で擂ります

炭 燃えカスなどを取り除くため 水で丁寧に洗い乾かします

抹茶 その日使用する分量を金網で漉し茶器に入れます

お茶碗 茶筅 茶巾 茶杓 清潔な物を用意し

季節にあった掛け軸 お菓子(菓子器) を吟味して

畳を拭き 庭を掃き 打ち水をして・・数えたらキリがありません

これだけの準備をして生徒さんを迎えてくださる訳ですが・・・

只ぼーっとお稽古をし お喋り興じて はい今日は是でさようならでは

一服のお茶にも感謝の念など感じるはずはありません

 

最初にお稽古を始めた頃と 師と弟子のあり様は 様変わりをしています

昔の先生は厳しかったけれど ご自身も研鑽を積まれ沢山の事を教えてくださいました

今・・・茶事をなさる先生があまりいらっしゃいません

茶道とは・・茶事が根本にあると思います

裏方のお手伝いをして始めて先生のご苦労が分かりますが

今のお弟子さんは 其れさえ面倒だとおっしゃいます

先生もご指導が面倒なようです

「飲み方だけ教わればいいの」と仰いますが

其れだったら本で勉強されれば宜しいかと思います

高い月謝を出して窮屈な思いをされる必要はありません

先生になると大層な事を言う必要はありません

真面目にお稽古なされば なりたくなくても 資格が出来ます

先生をするかしないかはその後決めればいい事ですから・・・

 

お茶を習ってみたいと思っておられる方へ

茶事をされるか? 今でも格上の先生についてお勉強されているか

許状の申請に余分なお金がかからないか 色々調べた上で門を叩いてください

そして入門されたからには 一生懸命学んで頂きたいと思います

最初は只先生の言われるとおりにしか出来ませんし・・しなければいけません

でもある程度分かるようなったら考えてください

お点前は決して順序だけではないのです ひとつ一つに意味があります

お濃茶の時・・・夏は冬より柄杓一杯分だけ水を入れ温度を下げます

夏だからぬるいのを・・ではありません

去年採った茶葉が弱っているので あまり熱いお湯を注がないようにと言う意味があります

こういった事がわかると お点前が面白くなってきます

先生からいろいろなお話を聞き ご苦労を感じ・・・

そうすれば 一服のお茶にも お持て成しの心 感謝の心が通い合う事と思います

偉そうに書きました お読み頂有難うございます

 

私信

悠々様改めて 茶の道を再確認させていただき 有難う御座いました

本当にお近くなら 粗茶一服のご案内を毛筆で差し上げたいところです^^

キッチン茶道家のお家元に・・・

面白い事ですが 流派の先生になるのは家元のお許しがいりますが

家元は自己申告です

悠々流を作られたら如何でしょ^^

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありゃぁ~!?ワタクシがいえもとー!?あきまへんがな、奥さん。あて、アホやさかい無理も無理、おてんとさまが西から上りまっせ~!
と、関西弁でお返事してみたんですが、明日にも書店で探してみますわ。確か「趣味悠々」だかに載ってたと思いますです。
お茶のお菓子も風情があって素敵ですよね?
最近は和菓子が好きになりました。クリーム系が苦手に・・・。明日は葛きり食べよ♪
もしもお金持ちになれたら、日本家屋を建ててお庭を造って縁側でお茶するですよ~。夢ですねぇ(笑)。広いお庭には蓮の池を!
朝茶のご飯で、蓮の若い巻葉を刻んで混ぜ込んだのを見た時があって、美味しそうだったぁ~。食い気ばっかし(笑)。
持て成し上手な人って、結局は気配りの有無なんですよねぇ・・・。しかし、気配りもねぇ・・・何も感じない輩に気配り通じないし・・・。
明日は病院でしたわ。葛きりどころじゃなかった(笑)。
キッチンサドーカは茶道家じゃないですよ?実にテケトーな、お茶好き和菓子好きなおばはんでございます(笑)。事の起こりは「お家でもお薄が飲みたい!」の一心で。
やっぱりお道具と言うか、好きな器でお茶の真似事なんかしてると気持ちが静まりますね。普段がゾンザイなんでしょうねぇ。静かな気持ちになれると誰かの悪口など言い合う筈もなく(笑)。穏やかになれる作用がありますよね、お茶にはね。
風さんのお蔭で、ちょっとだけお茶と言う世界の知識が増えました。有り難うございます。

おはようございます
えへへ・・・ちょっと偉そうな事書いて・・お恥ずかしい・・
お菓子も和菓子のほうがカロリーが低いそうですが
近頃では和菓子屋さんの店仕舞いが多くて
なかなか 数が揃いません
私もお金持ちになったら・・・いつも家でしているお勉強会の方々と言うのですが 宝クジが当たったら
数奇屋風のお家建てて 小間作って^^
私何を考えたのか・・・家を建てるとき・・思いっきり洋風にしてしまったのですよ
辛うじて 炉を切って 吊釜を掛けられるようにはしましたが・・・
6年ほど前に改装して床の間を広げ 8畳に広げて・・手間かかりました
あ・お茶に食い気は大事!お料理も大事なお持て成しのひとつですから・・
キッチンサドーカから学ぶ事も多々有りと思っております
形にはまってしまうとそこから何も見えなくなることもあります
こうして外から感想を言って頂くと
「お・・目から鱗がぽろぽろと・・・」嬉しくなってきますのね
いえいえ・・・偉そうな事いっても・・普段は普段・・
畳を六歩では歩けませんよー がさつなものです
では・・今日も一日穏やかな日でありますように・・・
珠子ちゃんに宜しく^^
SD関連サイト
虹色こんぺいとう
SDのお洋服・着物を作ってます。
カレンダー
05 | 2017-06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
その他