無題・・・

昨日 仕事を出して 飯塚病院へ・・・・

従姉妹のご主人が 胃がんの手術を受けた

血小板が常時5万しかないと言う事で 事前に輸血をしていたのだが

増えるどころか 徐々に減っていく・・・

癌に猶予がないので 強行突破

手術に踏み切ると医師の決断が出た と一昨日連絡があった

 

Aさん(従姉妹 主人)

鬱病 血小板減少による紫斑病 さらにこの度の病気

何故に この人にばかり 病魔は襲う

術後の 点滴その他管に繋がれている姿を見ると

不憫になってくる・・・

幸い転移は無い様子・・・

胃を全部取ったので 十二指腸で 胃を作ったそうである

説明を聞いたけど ??!?・・・

それにしても 6時間の手術時間 医師も患者も体力勝負である

ところで・・・・

摘出した患部を・・・見せられるってご存知?

 

で・・・・私は流石に疲れました

夕ご飯を外ですまして 一寸仮眠・・・

・・・・のつもりが 朝まで眠ってしまいまして

頂いていましたコメントのお返事 今書いたところ所です

さてさて 今日の予定は?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

風様。。お疲れ様でしたね。。
血小板減少性紫斑病は 息子が幼い頃かかりました。
当時は すぐに診断が着かずに 白血病だと診断されて
黒崎の年金病院へ検査に行きましたのが あの子が2歳の時です。
幸い 白血病ではなく 紫斑病も 治まり
それでも しばらくは 血小板の減少から 出血が止まらなくなるのを
予防のため 走ることなど 遊びも かなり制限されていたんですよ。
「摘出患部」は 母の時。。そんで きゃむの時も
見ましたデス。。
病気は 御本人が 一番大変なのですが
周りで 支える方々 病院のお医者様や看護婦さん。。
みんな本当に 大変ですね。。
一日も早く快癒へと向かいますように
お祈りしていますね。。

こんにちは モコ様
お気遣い有難うございます
息子さん 完治なさって良かったですね
子供の病気は 不安ばかり増して
いつも 余計な心配ばかりしますものね
家の娘も 「心臓が・・・」との言葉に
就学前に子供病院で検査いたしました
半日 検査漬けの結果は・・・
「どうも・・極度の緊張屋さんのようです」
笑うに笑えない一日でした^^
術後2日から 歩行訓練もしているようで
このまま何事もなく 元気になってくれれば良いなと思います
痛みと一緒に 鬱の方もと思うのは 欲張りでしょうか・・
見知らぬAさんにお優しいお言葉
有難うございます
そんなモコ様の上にも 春のような優しさが降りますように^^
SD関連サイト
虹色こんぺいとう
SDのお洋服・着物を作ってます。
カレンダー
05 | 2017-06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
その他