お稽古

お茶のお稽古でした

この時期 洗濯が簡単なので 着物はいつも化繊でごまかしておりましたが

夏 いやいや一年を通してお茶会と言うものに出かけなくなりました

そうなると 宝の持ち腐れ

思い切って 正絹の付け下げを引っ張り出して着ました

帯も一張羅を締め 「まっ・・なんて体がシャッキリするのでしょう」

そういえば 先の先生が仰ってました

「洋服だと 背中が曲がるけど 着物着ると背筋が伸びるの^^」

 

長襦袢も絽ですが・・・

裾除け 長襦袢・・・・あれーーーー!透けるじゃないの といつものパターン

着物の後ろ身頃に一枚裏のような物 いしき当てが付いてないばっかりに

もう一枚 裾除けを巻きつける事に・・・・

なんじゃ・・・こりゃ・・・

これで 火の前座ってお手前ですよ

前世にきっと 暑い苦労をしなかったに違いない と思います

だから今 何倍にもなってわが身に押し寄せてるんだ

我慢 我慢 これを抜ければきっと良いことがある・・・

いえ・・・抜けたからと言ってなんにも良いことなんてありません・・・

良い事どころか・・・年配の方が先生のご指導に 口を挟んじゃって

それが又しつこかったから 先生がお怒りにーーー・・・

お稽古事 特にお茶は 先生が間違っていても 何にも言ってはいけません・・・

この次のお稽古で 先生自ら ご自分の間違いを仰るまで お口にチャックです

本は数多く出ていますが 本に載っていないこの重箱の隅つつく所が知りたい

その為に 先生がおられる訳でして その為高いお月謝も払っております

気まずい沈黙が・・・

でも先生の良いところは気持ちをすぐ切り替えてくださる事

そんなこんなで・・・汗が余分に吹き出ました

着物 クリーニング代 いくらかかるかなぁーー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全く同感です。お久しぶりです。
夏のお稽古は本当に修行になります。
先生が間違われた時、どきどきします。
さりげなくやり過ごすことのできる人ばかりではないですからね。
お稽古の時」、よくおしゃべりをする人がいて、先生によく注意されています。
日曜日お稽古です。何ヶ月ぶりでしょうか。
そろそろ、月見茶会の打ち合わせにかからないといけませんのにね。
取りあえず、夏のお点前のお稽古をお願いしています。
何を着ていきましょうか。悩んでいます。枚数少ないですけれど。

こんばんは^^
お久しぶりです お元気でしたか?
夏のお稽古の度 「なんで・・・暑いのに・・」と思いますが
夏のお稽古をすっぽり抜かす訳にもいかないし
貴重なお話も 魅力あるし・・・
なるべく 空気を乱さない気遣いはいたしますね
揉め事の発端になるのは 避けたいですもの
お月見の茶会 後2ヶ月くらいでしょうか?
暑さに負けず お稽古なさってくださいませ
着物も 素材に関わらず何を着ても暑いので・・・
着てしまえば結構 気分も良くなって来ましたよ
どうぞ お稽古気をつけてお出かけくださいませね

夏のお着物は、汗がしみになりやすいですしね…
クリーニング+染み抜きなんてことになろうものなら(冷汗)
先生と臈長けたお姉様のやりとり・・・
こわい・・・こわすぎます・・・まんまるには、きっと耐えられません。
風さま、良く耐えられましたね~。
え~、気を取り直しまして、
オークションいかがでしたか?
首尾良く、すべて競り落とせましたでしょうか。
まんまる家も、
息子娘の浴衣にかまけて
PFさんTFさんの新しいお着物が何もできてない・・・
きっと、陰口わんさかいわれてると思います。

こんにちは^^
染みは付いてないようですが・・・
絹は気軽にと言う訳にはいかない^^
この方 変な言い方ですが とても良い方なんです
人の悪口 噂話一切なさらない
細かい先生のお話を守られて
ところが とってもマイペースでいらっしゃるのです
そのせいか 先生との相性が・・・・
その時の空気の気まずさ
なんとか抜け出したく 軽いお尋ねをしてみるんです
「家元に 一般庶民がお稽古にいけますか?」
「紹介者が二人ほどいりますね 其れとお薄のお手前は出来てないといけません^^ 」
これで・・・抜け出した^^
生地は必要量手に入れました
後は風の腕しだい 責任重大です
SD関連サイト
虹色こんぺいとう
SDのお洋服・着物を作ってます。
カレンダー
10 | 2017-11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
その他