今日の色々

お茶道具

取り合わせと言うものありまして

このお棚には この水差し こっちは使えないのよ なんて事も

普通のお稽古はここまでしか教えてくださらない

というより・・・・先生も訳をご存知無い事が多いのです

その穴埋めに 我が家でお勉強会をしております

塗り物の棚に土物を置くと傷がつくし 濡らして使うから何時までも乾かないし

生地のお棚は水をじんわり吸ってくれますわね

てな・・具合です

遡る事明治ごろからですわね 女子のお茶の歴史は・・・

江戸時代商家のお嬢様がお茶の稽古なんかほぼ有り得ません

茶道は 旦那衆の社交の場

盆栽を植える鉢を見せっこし 連歌を読み 香を聞きながら茶を一服

明治政府が婦女子の嗜みに茶道を奨励したのが 女性の茶道の始まりです

で・・・何を教えたかと言えば お手前の順序だけ・・・

考えるという教育をしてこなかったのです

茶碗を見ても 茶杓を見ても「結構なお品で・・・^^」と教えられた通りに言ってましたわ・・・私・・・・意味も判らず・・・

でもね^^遅まきながら 考える事にいたしましたのよ

考え続けて早 10年 すこ~しはましになってきました と思います

感性が育って来た様で ちょっと嬉しい今日この頃^^

雪が降る中 皆様きてくださいまして 有難う御座います

 

P1010293

 

簪の材料です^^

昨日 スガ糸も届きました

アロンアルファ 忘れました

もう・・・何か一つ忘れるんだから・・・・

 

P1010294

 

我が家の唯一の絵です^^

枠は濃茶の木 シンプルな物です

まんまる様如何でしょ?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わぁーお勉強会を お家で

開いて 楽しそうですねp^^q

なんていうか アットホームな感じで

気楽に 学べるって 雰囲気ですね

ふくろうと にゃんこの絵が とっても 素敵です!!

mamikaさん

お手前のお稽古の時は 間違うのも・・・・と思うと言えないけど
お勉強会では 間違って元々と気楽に先生のお尋ねにお答えして
気楽なものです^^
でも・・・それが良いのかも^^
この絵はは銅版版画で 生田宏司さんに作品です
実物は羽が本当にふわふわしてます

お勉強会♪

私はこちらのブログでお勉強させていただいています~♪
お茶のお稽古でも「先生、これはなんでこうするんですか?」「じゃ、棚がない場合はどうなるんですか?」と、無知な私は質問攻めです。
納得がいくと、するっとアタマに入るのです。
なので、考える茶道って、私はとてもいいと思います。
単なる様式美と思いがちな所作も、実はすごく理屈があっていたりして、そういう無駄のないところもお茶が好きな理由です。

ところで。
えーーーっ?!
これ、絵なんですか?
モノクロの写真にしか見えない…。スゴイ。緻密!

御無沙汰しすぎーデスネ!

ヤッパリお茶は良いです。
今、考えて思ったのは35年前のおけいこからこの方封印されたまま。
なんと勿体ない話でしょう。

ワタシはお膝元・・聞こえはいいケド、ホントに厳しかったことが思い出され・・・
でも良かったなぁ~とシミジミです。この歳になって有難さが分かるってもんですね。オソイッ!^^

楽しいおけいこだろうと想像は膨らみました。
ありがとうございます♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わはっ♪

風さま、ありがとうございます!
思ったよりずっと、リアルな質感・・・ふくろうさんの胸の綿毛を、もふもふしたい!!
なにやら、おたがいのくすぐったそうな表情が、まんまるは好きです。
生田宏司さんですか~。
検索してみよ!

お茶のお勉強会、お疲れ様です!
考えることを教えない・・・明治女子の夫唱婦随の体現?でしょうか。
確かに考えて腑に落ちたときは「!」と、二度と忘れませんものね。

べにおさん

お役に立てたら嬉しい
そ!なんでも身近な先生にお尋ねは良い事なんです
先生もよりお勉強なさいますしね
「利休七種で 女性に一番合う大きさの茶碗は?」
で威張って答えました^^
「大黒じゃないですよね 大って言うくらいだから」
あはは見事にはずれまして 一番女性の手に合う大きさですって
大笑い!
こんな間抜けな生徒ですもん 先生大変です^^
モノクロのメゾチント技法ですって
ふぅわ・・・ふわ の羽毛が良いのです^^

himeさん


ご無沙汰はこちらも同じ^^
読み逃げばかりです
教えていただいた事は 心に残ったものは
何時の日か 思い出し 役に立つと思います
身についたものに無駄はないような気がします
遅くはありません^^よーー
寒いですね お気をつけて

鍵コメさん

了解いたしました
お手数有難うございます

まんまる様

お気に召していただけました?
もっとふわふわ感が出たらいいのですけど
http://www.gallery-shin.com/Ikuta/ikutakoji.htm
年度別に作品がでております

男尊女卑といいますか
利口で生意気とみなされたのでしょうね
だから 一方通行のお稽古だったのでしょう
風は現代でよかった・・といみじみ・・・
でなければ 破門!ですわよ
ま・・今でもお勉強不足の先生からは にらまれるかも^^
SD関連サイト
虹色こんぺいとう
SDのお洋服・着物を作ってます。
カレンダー
08 | 2017-09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
その他