あ・・・明日は七草・・

「なまはげ」 が 存亡の危機らしい

色々理由があるらしい・・・

作り物とは言え包丁振りかざし

子供を大泣きさせるから・・・

幼児虐待まで飛び出した

ふ・・・ん・・・

 

こうやって昔からの風習が無くなっていくのでしょうね

 

風習と言えば

以前にも書いたのですが

実家は大晦日の夕飯はそれはそれは豪華でした

元日の食事より・・・

理由がありまして

一年家を守ってくださったその年の神様を労う為

新しい年神様はお雑煮で祝う

 

私は結婚してから 実家の風習をそのまま踏襲している

実家を継いだ義妹がどうしているのか聞いた事もないが

「お父さん(弟の事)がお煮しめ嫌いで沢山残った」

と ぼやいていたのでそれなりに作っていたのでしょう

さて・・・果たして娘はどうするのでしょうかしら・・・

 

人様の事だけど 羨ましいお話

義妹が亡くなってはいるが

弟と子供達は義妹のお母さんへの年始は欠かした事がない

義妹は三人姉妹

それぞれの旦那様と子供達を連れて元日に集まる

病気がちではあるけれど・・・

なんて幸せなお母さんなんでしょ^^

 

あ・・・明日もう七草!

大丈夫!

ちゃんと七草買ってありますの^^

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そっか~ 家それぞれで 慣習がありますよね。

うちって どうなんでしょ~って思いながら読みました。

七草粥・・・もう元日以外 普通に働いてる旦那さまが 七草粥を嫌いますので・・・
明日は・・ビーフシチューです(笑)

見ましたよ TVで なまはげ絶滅の 危機

確かに お家に入り込んで 食べたり

騒いだり 今の ご時勢には そぐわないのかも?

なまはげが 来た

お家を守る 妻たちは 後かたずけやら 大変なんでしょう?

なんだか 我が家も お一人様 正月迎え 寂しい感じでしたよー

七草 私も買ってあります~~@^^@

こんにちは。

「一年家を守ってくださったその年の神様を労う」
素敵な風習ですね♪

私も、ちょっとだけ似たようなことを母に言われたことがあります。
昇る朝日を拝む人はいても、沈む夕日を拝む人はいない。
神仏への参拝も、日常のことも
お願いだけして、お礼を言わないのは、とても失礼なことだよって。


なまはげ、絶滅は淋しいけど、うちには来てほしくない。
複雑な思いです・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

花あじさい様

土地 家で風習は違うでしょう^^
実家は祖母の代に母屋から分家した家ですので
きっとその前から続いた風習と思われます
ただ・・・誰が受け継いでいるかは怪しい^^
ご主人様の七日ビーフシチューわかります
我が家だって普通の副菜あっての七草粥ですもん^^

mamika様

みられました?^^
色々理由があるのでしょうが・・・
続いてきたのにはそれなりに理由がるもの・・・
ちょっと残念かな・・と思いました
えー御一人正月?それは寂しい
なまはげ呼びましょう^^

mimuro様

コメントありがとうございます
なんだか 神様を労うって事が気に入っております
お願い事ばかりで・・たまにはお礼を・・・
あ・・夕日にですか?
そういえば祖母が寝る前に万神にお礼を言って床に就いていたこと
思い出しました
あーー・・やはりそうですか・・なまはげ・・
主婦は大変なんですってね
でも 幼児虐待に結び付けるのも行きすぎの感があります
今年も宜しくお願いいたします^^

鍵コメ様

有難うございます^^

拍手コメ様

なくしてしまってからでは遅いのにと思います
だってお正月のお料理だってお金はかかるしとっても面倒なのですが
元気で迎えられると思えば 頑張りますもの
幼児虐待って言いますけれど
食事中子供と話もしないでスマホいじってるお母さん
私から見ればかなり幼児虐待・・・なんて思います
SD関連サイト
虹色こんぺいとう
SDのお洋服・着物を作ってます。
カレンダー
08 | 2017-09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
その他